完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

ホーム > サンバリア100の完全遮光 > サンバリア100は日焼けしない

サンバリア100の完全遮光

サンバリア100は日焼けしない

サンバリア100は3層構造の生地で紫外線(A波・B波)を100%カット。だから日焼けしません。

 

日光アレルギーの方は紫外線99.9%カットの日傘でもアレルギーを起こす可能性が高いので、外出にはUVカット100%の日傘が必要です。
サンバリア100の日傘は、そんな「絶対に日に焼けたくない!」という方の為に作った日傘ですから、遮光率はもちろん100%!つまり、紫外線(A波・B波)は100%カット!
下の写真は紫外線カット99%と100%の傘を比較したものです。
紫外線カット99%は手の影が見えていますが、100%は全く見えません(分かりやすいように傘の表面を押さえています)。

紫外線カット 99%/100%/99.99%

UVカット処理をしている日傘は、紫外線反射剤、吸収剤で紫外線を処理していますが、これは処理していないときより数パーセント紫外線カット率が上がるだけで100%ではありません。また、その加工処理が磨耗してくるとカット率は更に低下します。

 

サンバリア100は、3層構造の生地自体で遮光率・紫外線カット率100%を実現していますので、破れない限りUVカット率が低下するということはありません。

UVカット率100%は下記の通り、実験により明らかにしております。

<傘生地の紫外線遮蔽率測定その1>

紫外線カット実験

<傘生地の紫外線遮蔽率測定その2>

セカンドオピニオン的に、市販の富士ゼロックス社製測定器(29,800円:現在は販売されていません)を使い、改めて日傘の傘生地の紫外線遮蔽率測定実験をしました。
日傘の下ではない日なたでは、「3208」という数値が見えます。単位はマイクロワット/平方センチです。
右の画像はサンバリア100の日傘の真下で計った時の数値です。画面が光ってやや見づらいですが、ゼロとなっているのが分かってもらえると思います。

紫外線測定2 紫外線測定2

傘生地から少し離すと周りから反射された紫外線に反応し、ゼロにはなりません。

<遮光試験報告書>

信頼できる第三者審査機関の目も入れて証明する為、
財団法人日本化学繊維検査協会に試験を依頼し、「遮光性100%」という試験報告書をいただきました。
遮光率100%証明書
<遮光試験 JIS L 1055 A法>
上記、試験報告書の遮光性の欄にも記されておりますが、
遮光性能を評価するための試験方法に【JIS L 1055 A法】というものがあります。

簡単に説明すると、10万ルクスという真夏の日差しに相当する光を生地にあて、
通り抜ける光を測定して遮光率を定めるわけです。
その遮光率で日本インテリアファブリックス協会では遮光1級から3級まで等級を
定めています。遮光率が100%のものを完全遮光とよんでいます。

遮光試験方法

このページの先頭へ