完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

ホーム > 紫外線・太陽光線対策まめ知識 > 紫外線を防ぐ方法

紫外線・太陽光線対策まめ知識

紫外線・太陽光線対策まめ知識

紫外線を防ぐ方法

紫外線の防ぎ方は二種類

紫外線を防ぐ方法は基本的には二通り。紫外線を吸収するか、反射させるかです。

まず、紫外線を吸収するにはその名の通り「紫外線吸収剤」というものを利用します。日焼け止めクリームにはこの紫外線吸収剤が入っており、肌の上に塗ったクリームが紫外線を吸収して、皮膚まで紫外線を到達させないようにしています。
また、自動車のUVカットガラスにも紫外線吸収剤が練り込まれています。ですから、透明なガラスでも紫外線を99.9%程度はカットします。

一方の反射させる方法は、極端にいえば鏡のような面に近付けること。鏡は太陽光線を全て反射してしまい日焼けしません。という訳で、日焼け止めクリームには紫外線を反射する「紫外線反射剤」なるものも入っています。
日傘で言えば、「UVカット傘」と称してシルバーの表面の傘をよく見かけますが、これは紫外線を反射させて防ごうとしているのです。
しかし、この原理だけでは100%は実現できません。繊維の隙間から光が直接差し込む為です。

ちなみに驚くことに、実は普通のポリエステルの雨傘でも90%程度の紫外線をカットすることができます。要は、影を作れば紫外線をある程度はカット出来る訳です。ただ、カット率90%程度では日光アレルギーの方には非常に大きな問題です。最近では紫外線だけでなく可視光線でアレルギーを起こす方もいらっしゃいますので、日傘を使うなら、紫外線も可視光線もカットする日傘を使用するのが理想的です。

太陽光線の照り返しに注意!

太陽光が地面で照り返すのは皆さんご存じの通り。なんと、砂浜で20%、舗装道路で10%も反射します。
反射率の最強王者は冬の雪山。なんと太陽光線の90%以上も反射します。総量で日照量の弱い冬に日焼け(雪焼け)をするのはそのためです。

さて、完全遮光日傘は上からの光は100%遮りますが、もちろん地面からの照り返しや周りから反射された光は防げません。
人によってはこの光で日光アレルギーをおこす可能性があるので注意が必要です。完全遮光の傘を差して日光アレルギーになるなら、それは周りからの照り返しが原因とお考えいただいて良いと思います。
という訳で、照り返しの紫外線も防ぐ為、日焼け止めクリームを塗ったり、長袖、手袋などの対策も必要です。

照り返し防止には手袋

まめ知識一覧

  • 日傘の上手な使い方
  • サンバリア日傘ブログ

このページの先頭へ