完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

ホーム > 岡ちゃんのぐだぐだコラム

岡ちゃんのぐだぐだコラム

1955年11月6日生まれ、立命館高校で店長今川氏と出会う。立命館大学法学部卒、現在某団体役員、滋賀県水口町在住。
日本での臓器移植について新聞に投書した事がきっかけで店長にすすめられ、このコラムを始めました。
コラムの更新で私の安否確認を行っている方がおられるので、がんばって更新します。月一回くらいは。

2017.9.30

なぜか上海(地下鉄)

前回の上海滞在時は地下鉄に乗らなかったが、今回は久しぶりに地下鉄を利用した。切符の買い方や改札の通り方は以前と変わらないと思ったが、何と言っても違っていたのは、手荷物検査。朝夕のラッシュ時には乗っていないので一日中なのかどうか分らないが、これ、混雑時にもホンマにやってんねやろか、と思うくらい、全員が手荷物を機械に通す。ちょうど飛行機に乗る時の保安検査場で手荷物を通すのと同じような機械でチェックを受ける。外灘のクルーズ船に乗る時も同じチェックはあったので、おそらく公共交通機関はすべて手荷物チェックをしているのやと思う。そして、地下鉄ホームに降りると、ホームドアがどの駅でも完備していた。日本でも少しづつホームドアは普及してきたが、すべての駅にはまだまだほど遠い感じで、何かと言うと金がかかるとか何とか理由をつけて、明らかにのらりくらりの対応に見える。日本は安全の国で一時は売ってたと思うが、安全、安心の分野で遅れをとるっちゅうのは何とも歯がゆい気がするね。

2017.8.31

なぜか上海(上海ウーバー)

中国では欧米等で開発普及されたものを中国版で広める事はよくあること。実は、俺はまだガラケーであるが、タブレットを併用しているため、流行のSNSなどというものもかなり薦められるのだが、ほぼやっていない。ほぼ、というのは一つだけ利用しているからで、それは中国版のラインと言われるWeChatである。ご案内の通り中国ではラインは使えないので、上海滞在の家人と連絡をとるため人に入れてもらった。仕事の関係や家族とのやりとりでWeChatを使っている人は周りには結構いるし、使ってみると結構便利。それでも、他のSNSは一切しないので、インスタ映えがどうとか、ツイートがどうとか全く関係ない。で、店長も書いているウーバーでいうと、上海でもよく似たシステムがあるらしい。もともとウーバーを使った事がないので、違いが分らないが、家人は何やらスマホの画面を見て、「近くにいるな~」とか言っていたかと思うと電話がかかってきて、詳しい場所をやり取りしていた。もともとアメリカで始まったウーバーは個人の車だったと思うが、上海では今回、営業のタクシーが回ってきていたので、これはこれで分かり易いし、素人でない分、俺はこちらの方が安心である。数年前に上海で仕事をしている友人に案内してもらった時も、「上海では、日常の足としてタクシーが結構普及していて、雨の週末などはまずつかまらない」と聞いた通り、今回も百貨店のタクシー乗り場にはほとんどタクシーがなく、近所を走っているタクシーも無いため、結構歩いた場面もあった。運転マナーはさておき、料金も結構リーズナブルなので、日本の都会でもこれくらい気楽にタクシーが乗れたら便利やろな、とは思うが、まあ、それぞれ、お国事情があるねんやろね。

2017.7.31

なぜか上海(電動バイク)

前回11月の上海滞在時にも気が付いていたが、上海では、市内を走るバイクがほぼ100%電動である。何せ電動であるから騒音はないし排気ガスもないので、上海のように排気ガスで年中どんより曇っている大都会ではかなり有効と思うが、今回は市内を歩いていて何回も怖い目にあった。まず、音がほとんどしないので結構なスピードで背後から走って来てビックリ。歩道も縦横無尽に走っているし、横断歩道も隙あらば突っ込んでくるので音で気配を感じられない分余計にビックリする。まあ、交通マナーは別として、やはり電気バイクはメリットが多いと思う。上海以外の事情は知らないが、充電も家庭のコンセントで出来るらしいので、街中に充電スタンドの必要もなく、それほどインフラには困らないらしい。日本で俺が電気はええなと実感するのは、ゴルフ場のカートとフォークリフト。はよ全部電気にしたらエエのにと思うが、諸般の事情からか、一気にはいかんらしい。自動車のEV化の加速も著しいし、中国がEVの世界シェアトップ(2017.6)とか聞くと、日本ももうちょっと頑張らなあかんのちゃうの、と思うてしまうね。

2017.6.30

なぜか上海

タイトルでピンとくる人は、かなりの陽水ファンと思いますが、特に意味はありません。今回の上海は5回目くらいと思いますが、実は昨年の11月にも行っているので、久しぶりではありません。それでも、今回は、初めてと言っていいくらい、市内を結構歩き回ったので、新しい発見もありました。あいかわらずの曇天や車の渋滞、市内の喧騒は変わらぬところですが、今回、市内を歩いていて目についたのが、おびただしい数の路駐の自転車。上海在住1年半の家人によると、レンタル自転車の乗り捨てとの事。近年、上海市内ではレンタルの自転車が相当普及しており、どこでも乗り捨て自由で、スマホをかざしてロックをはずし、自転車を降りてロックすると、決済されるというしくみらしい。いくつかのメーカーというか業者があり、自転車の色がそれぞれ違う。専用のソフトをスマホにダウンロードして使うらしいが、これは便利と思う。バイクも同様の仕組みのレンタルがあるらしいが、自転車との違いは乗り捨て場所が決められているとのこと。それでも十分便利と思う。走っているバイクを見てもどれがレンタルか俺は見分けがついかないが、自転車はすぐにわかるし、学生風、OL風の若い人がレンタル自転車で颯爽と街中を走っている姿はなかなかいいもんである。夜の街を歩き疲れて俺も自転車を借りてもらい、ホテルまで楽ちんに移動した。これ、日本でも普及してほしいけど、駅周辺の迷惑駐輪でモメてるくらいやから、市内どこでも乗り捨て放題はたぶん無理やろね。

 

上海

2017.5.31

アップグレード

少し前に、オーバーブッキングの状態で乗客が飛行機から引きずりおろされて話題になっていたが、こういう状況では、座席のアップグレードで対応される場合も多いと聞く。実は、俺も以前、ハワイに行くとき、おそらくオーバーブッキングの状況だったのだろうと今になって思われる場面で、ビジネスクラスのチケットを渡された事がある。その時、俺は乗ったこともないビジネスクラスの座席配列がどうなっているか知らず、いつも指定しているエコノミー席の通路側の座席ではないと判断し、友人と席を替えてもらった。ホノルル空港(今は名前が変わったけど)に着いて、友人から「あ~、ビジネスで楽やった」と聞いて、結局、乗り慣れんモンはこうなるもんやな、と思った事がある。で、今回は、飛行機ではなく、弁当屋さんの話。ちょっと急ぎの用があったため、家の近くの弁当屋さんに車で寄り、注文をして、お金を払い「また、後で取りにきます」といつものように一旦帰宅した。時間を見計らって取りに行くとカウンターから係りの女性が出てきて、申し訳なさそうに、「すいません、先ほど注文いただいた弁当のハンバーグが売り切れてしまったので、違うものに替えて頂けませんか」と言う。俺は「え~、てことはまた時間かかりますよね」とちょっと不満そうに答えた。今度は、店長らしき男性がさらに申し訳なさそうに、「ええ、申し訳ありません、何でもお好きなものに替えてください」と言う。何でもええ、と言われると小心者はかえって考えてしまうもので、「それなら一番高いビフテキ弁当890円に」ともいえず、実際に待っている時間もなかったので、「カレーならすぐできますよね」と聞くと、「はい、すぐできます」と即答された。「それなら、唐揚げカレー弁当お願いします」というと、本当にすぐ出来た。既に払った弁当代は500円で、唐揚げカレー弁当は590円と少しだけ豪華になった。まあ、庶民はこれくらいのアップグレードが身の丈と自分で納得して美味しくいただきました。

< 過去の記事へ

このページの先頭へ