完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

ホーム > 岡ちゃんのぐだぐだコラム > 気持ちの問題

岡ちゃんのぐだぐだコラム

2018.5.31

気持ちの問題

最近ではすっかり定着しているファミリーレストランであるが、まだ、地方都市になかった頃は、ファミレスにいく事自体が結構トレンドであった時代があったと記憶している。俺が20代の頃、という事は40年前、京都、滋賀でちょっとかっこよかったファミレスといえば、俺の中では不二家のレストランであったが、その話を仲間内でしても、そういやあったような、くらいの反応しかなく、俺の思い入れが強すぎるのかもしれない。まあ、そんな時代はさておき、最近は結構リーズナブルが売りのファミレスが増えてきたように思う、結構いい値段のファミレスは高値が維持できないとかで価格設定を下げざるを得ないとか聞くと、低価格優先の価値観が今は幅を利かせているのかもしれない。俺の地元にある、低価格系のファミレスも特に夜中などは、若い人であふれているし、人手不足で店員さんも少ないので、何で夜中にこんな混んでるの、と思う事がよくある。普段はあまり行かないが、ちょっとした打合せのため、おじさん4人でそのファミレスでご飯を食べた。

で、メニューを見ると、定食が499円とか759円とか確かに安い。しかし、その値段は税込にしてもそれぞれ、538円、819円と微妙に細かい。消費税導入前はスーパーなどで、980円とか498円とか、それなりに意味があったと思うが、税込の値段を端数にしないためでもなさそうやし、どこにこだわった値付けなのか俺にはよく分らない。中国のように電子決済が普及しているわけでもないし、差額をチップにする習慣もない日本では、こまかい端数など、手間ばかりかかってイイことはないと俺はいつも思っている。

100円均一の店も、消費税で端数がじゃまくさいが、例えば、ランチ税込500円とか

1、000円で統一してあとは店によって中身で勝負とした方が、いらん手間や高価なレジも不要になってエエと思うけどね。

 

ファミレス

このページの先頭へ