完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

ホーム > サンバリア日傘ブログ > 「スタッフコラム」のブログ一覧

サンバリア日傘ブログ

「スタッフコラム」のブログ一覧

2017.8.29

自転車の巻き込み(50件以上)

毎年、自転車による巻き込みの修理依頼が50件以上(自己申告のみ。故障内容推測ではもっと多い)になります。

巻き込みは自転車の転倒などにもつながる事故になりますので十分ご注意ください。

傘の方も中棒が折れたり、傘生地が破れたり、おおきなダメージを受ける事が多いです。

風も必要以上に受けますので骨も折れやすくなります。(風速+自転車速度の風を受けてしまいます。)

*自転車でのご使用は危険でございますし、期限内でも保証対象外と成りますので、

お避け頂きますようお願いいたします。

*生地に損傷が有った場合、応急補修はできる限りの事はさせて頂きますが、

場所、大きさにより補修できない場合が有ります。

又、大きめの穴は生地の補修は裏側から共布をを張り付けるという補修になります。

予めご了承ください。

*生地の汚れは弊社では落とせませんので、申し訳ございませんが

弊社hp「完全遮光のお手入れ方法」http://uv100.jp/wb/use/?p=190

を御参考の上、お試し下さい。

■修理代は最高額で

骨の交換実費2000円+返送料700円 合計2700円(税込)です。

(*生地破れが有り、共布貼り等の処置が必要な場合はプラス500~1000円掛かります。)

(*手元交換が必要な場合はプラス1000円かかります。)

■修理後、代引きでお支払いください。

■修理期間は出来る限り急いでさせていただきますが

到着後2~3週間程、見て下さい。(ハイシーズンは混み合っていますのでそれ以上かかります)

■お送りいただく傘の送料は恐れ入りますがご負担ください。

(イマガワ)

2017.8.7

陽の目を見なかった試作達~2~

毎年、毎年 沢山の傘や帽子や衣類を試作をし、大半の試作品が製品化されずにお蔵入りと成ります。

弊社の商品の生地の表素材はポリエステルを使用しています。

軽くて、強くて、丈夫で、耐光堅牢度も高く、色褪せしにくいのが特徴です。

2017年シーズン、ナチュラル感(綿ライク、麻ライク)を持たせた商品を発表しようと、ポリエステルで、数々の生地の試作を重ね、完成品迄、到達した傘が写真の4点。

耐光堅牢度もばっちり、良い肌触り、良い質感、程よい光沢感、成功と思いました。

しかし、重量がショートサイズで300gを超えてしまいました。

ショートサイズとしては、女性が持つには重すぎる。ミドルやロングでは400gを超えてしまうという事で、断念です。

 

社長に10円玉を握らされ、「この、10g軽くした完全遮光生地を開発するんだ。」

と言われた15年前の事を思い出します。

たかが10g、されど10g。

機能や、強度やデザインだけが「品質」を作り上げているのではない。というお話でした。

 

合わせて、過去のブログ「陽の目を見なかった試作達」もご覧頂きましたら、幸いです。

 

(林 和伸)

陽の目を見なかった

2017.7.13

赤外線は紫外線の5倍の到達量!

赤外線5倍

2017.7.12

一駅歩く日傘

そういう日傘にワタシはなりたい。(イマガワ)

男の日傘

2017.6.27

傘の修理

この時期、毎日20件以上の傘の修理依頼をいただいております。サンバリア100の傘を発売して11年、累計20万本以上を販売させていただきましたので、修理の件数も多いのは当然です。10年前の傘を修理することもあります。『長くお使いいただいているのに傘生地がこんなにきれい。』と驚くこともあります。大切な傘を長くお使いいただくために、この傘の修理を自前の修理班4名でこなしています。平均年齢29歳と若いスタッフです。この修理から故障の多い箇所、弱い箇所を検証し、改良して次のサンバリア100につなげます。「傘の修理」。サンバリア100の生命線でもあると考えています。(イマガワ)

< 前の5件

このページの先頭へ