完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 傘の縫い目がほつれた、または破れた

日傘の上手な使い方

傘の縫い目がほつれた、または破れた

傘の三角形の生地(駒といいます)は普通のミシンで縫い合わせているのではなく、縫い目が伸縮できるように特殊ミシンを使い、1本の糸で縫い合わせています(これをカン縫いといいます)。

ですから、一度ほつれてしまうとどんどん広がっていきます。この状態をビリと呼ぶのですが、ビリを修理するのはプロでも手間暇がかかります。
傘の生地を骨からはずして、ほつれているところを特殊ミシンで縫い合わせ、また骨に付けていく工程が必要ですので、ご家庭での修理はまず無理だと思います。

ほつけた状態

という訳で、ビリになってしまった場合は、購入したお店へ持っていき、修理可能かどうかを聞いてください。
専門店で買われた場合は修理可能だと思います。
雑貨店で買われた傘については、残念ながら修理できる可能性が低いです。

右の写真の様に生地の一部が切れてしまったという場合であれば、テント又はセールの補修シートを内側から張り付けると使えるようになります。
裏面に接着のりが付いているので簡単に修理できます。
見た目はちょっと不細工になってしまいますが、これが一番簡単な方法です。テント用ですのでカラーも色々と揃っていますよ。

生地の一部が切れた場合

たとえば東急ハンズで売っている「リペアクロステープ」という商品は800円ほどで購入できます。
アウトドアショップでも取り扱いされているかと思いますので、探してみてください。

このページの先頭へ