完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 2段折り日傘と3段折り日傘の違い

日傘の上手な使い方

2段折り日傘と3段折り日傘の違い

サンバリア100の2段折り日傘と3段折り日傘は、意外と大きな違いがあります。
下記を参考にお選びください。

開いた時の傘の大きさ

3段折り日傘は骨の長さが55㎝と大きく、2段折り日傘は50㎝とやや小ぶりです。
しかし、2段折り日傘は8角形で円により近いので、6角形の3段折り日傘と比べて
それほど小さいとは感じません。

折り畳み日傘を開いた時の形

シルエット

傘のシルエットは、8本の骨がある(八角形)の2段折り日傘の方がカーブがきれいに出ます。

畳んだ時の長さ

3段折り日傘は畳むと約25㎝、2段折り日傘は約36~43㎝(手元によって長さが変わります)。
結構大きな差が出ます。

折り畳み日傘を畳んだ時の差

すぼめて外ベルトでまとめた時の長さ

すぼめて外ベルトでまとめたときの長さは、3段折り日傘約44㎝、2段折り日傘は約60~66㎝(手元によって長さが変わります)。

折り畳み日傘を畳んだ時の差

投影面積(遮光面積)

3段折り日傘は骨の部分は直径約96㎝となり、投影面積は2段折り日傘に比べ、
13%大きくなります。

折り畳み日傘の投影面積

◇結論◇

少しでも大きな傘を望まれるなら3段折り日傘。
旅行時など、出来るだけコンパクトにして持ち運びたい、という場合も3段折り日傘をおすすめします。
傘のシルエットはきれいなカーブの方が良い、豊富な種類から選びたい、
また、折りたたみやすい方が良い、という場合は2段折り日傘をお奨めします。

→ 折りたたみ日傘
→ 日傘サイズ比較

このページの先頭へ