完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 中棒が折れてしまった

日傘の上手な使い方

中棒が折れてしまった

傘の中棒が折れること、実は意外とよくあります。
何かの下敷きになったとか、自転車の車輪に巻き込んでしまったとか、ほとんどが傘を差している時以外の事故が原因です。

まず、中棒が木製の場合、骨を交換する必要があり、素人に修理できるようなものではありません。お買い求めになったお店に持っていって修理可能か判断してもらいましょう。

もし修理可能ということであれば、修理期間は1ヶ月程度かかる事が多いですが、費用は2000円程度だと思います。
折れた中棒

次に、中棒が金製の場合。これはご自身でも修理が可能です。
金製は折れる可能性は少なく、大きく曲がる事がほとんど。
方法は、力いっぱいに元に戻すだけです。
手元の方からどこが曲がっているか確かめながら元に戻していきます。
ライフル銃を構えるような要領で中棒の曲がりを確認していき、まっすぐになっているかを確認してください。ただし、戻した時に折れる可能性もありますから注意してくださいね。
コツは何度も違う方向に力を加えず、できるだけ少ない回数で真っ直ぐにできるよう、ゆっくりと慎重に力を加えること。

このページの先頭へ