完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 受け骨(ジョイント部分)がはずれた

日傘の上手な使い方

受け骨(ジョイント部分)がはずれた

親骨と受け骨(親骨を開いたとき支える骨)のジョイント部分は下の写真のような直径3ミリほどの小さなハトメ(鳩の目に似ているのでこの呼び名が付いた)で止めています。
ここが外れたり、ちぎれたりすると当然受け骨は外れます。
という訳で、まずこのハトメを購入しましょう。ホームセンターなどで購入できるかと思います。

ハトメ

ハトメは専用工具でかしめるのが一番ですが、そんな専用工具は使用頻度が極端に少ないので買わずにペンチで代用しましょう。
ペンチでうまくかしめるのは難しいですが、やってみてください。

ジョイント部分の穴にちぎれたハトメが残っていることがあります。
ハトメが穴に入らなければ気を付けて見てみましょう。必ずハトメの残骸が残っているはずです。

このページの先頭へ