完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 日傘の日焼け

日傘の上手な使い方

日傘の日焼け

よく黒い日傘に日焼けの線が入っているのを見かけます。あまりかっこいいものではありませんよね。
では、どういう日傘が日焼けしやすいのでしょうか。
それには2つの条件があります。

まず、【傘生地の素材】です。
天然素材の綿や麻は、日傘の風合いとしては実にいいのですが、ポリエステルなどの化繊に比べると日焼けしやすい素材といえます。

日焼けしやすい黒で天然素材の日傘

2つめが【日傘の色】。
日焼けの原因は紫外線です。濃い色ほど紫外線を吸収しますから、日焼けしやすいといえます。
紫外線を最も吸収する色は、黒色。紫外線防止に一番良いと思われている黒が逆に日傘にとっては一番ダメージがあるのです。

という訳で、この2つの条件が重なる「黒で天然素材の日傘」が最も日焼けしやすい日傘です。
高価な綿、もしくは麻の黒の日傘を一年使っただけで日焼けさせてしまった・・・という経験のある方も多いかもしれません。
ですが、これを防ぐ方法は残念ながら、ありません。
『日傘が身代わりになって体を守ってくれた』と考えるしかありませんね。

このページの先頭へ