完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 傘の種類

日傘の上手な使い方

傘の種類

傘の種類は大きく分けて、長傘、折りたたみ傘。その中でも次のとおり種類があります。

長傘

傘の骨が折り畳めない傘です。親骨の長さで呼ばれることが多いです。80センチ長傘といえばゴルフ傘のサイズです。大判長傘といえば親骨の長さが65センチ以上あるものをさしているようです。ショートタイプという長傘もあります。これは、日傘に多いのですが、親骨を47センチとコンパクトにして閉じたときも全長が60センチほどで、かばんに入れられるので取り扱いやすく、人気があります。 中棒が伸縮するものもあります。

長傘には大判長傘と、ショートタイプという長傘もあります

折りたたみ傘

親骨が折り畳めるタイプです。骨の種類によっていろいろと呼ばれています。

■2段折りたたみ傘
骨が2段に折り畳める傘です。 折りたたみ傘は苦手とおっしゃる方でも2段ですので畳みやすいです。

■3段折りたたみ傘
小さくなるのでミニ傘とも呼んでいます。親骨が3段に折り畳める傘です。特徴はなんといっても畳んだ時にコンパクトでかばんに入ること。旅行などにもオススメです。ただ、畳むのが苦手な方が結構いらっしゃいます。きれいに畳むには技術がいります。そういう方のために最近多くなってきたのが『開閉楽々構造の骨』です。これは、傘を開くとき骨が逆さにならず、開けやすく、また、閉じるとときも比較的簡単です。しかし、閉じた状態の時 雨にぬれたままの状態では非常に扱いづらいのが欠点です。また、アルミ製の骨の構造が多く、スチールに比べて弱いです。

■自動開閉傘
ボタンを一回押すとバネで開き、もう一回押すと閉じます。後は中棒を手の力で縮めなければなりません。

折りたたみ傘の骨の種類で、2段折りたたみ傘、3段折りたたみ傘、自動開閉傘と分けられます折りたたみ傘の骨の種類で、2段折りたたみ傘、3段折りたたみ傘、自動開閉傘と分けられます

このページの先頭へ