完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 日傘の風通し

日傘の上手な使い方

日傘の風通し

『スパッタリングで風通しがよく涼しい!』
『綿100%で風通しがよく涼しい!』
などの日傘のうたい文句を目にした事があります。

本当に風通しがよければ涼しいのでしょうか。

洋服、例えばTシャツであれば、確かに綿素材は涼しく、ポリエステルは蒸れるので暑いです。
この場合、風通しがよければ涼しいと言えるでしょう。
ただ、こと日傘に関しては当てはまりません。
なぜなら、日傘は肌に密着していません。差しているだけですので風の流れ、空気の流れはいくらでもあります。
ですから、どんな素材の日傘をさしていても風通しはいいのです。

それより日傘に関しては、当たると熱に変わる「可視光線」と「赤外線」を遮断する方が、ずっと重要です。
風通しのいい素材は太陽光も通しますのでむしろ暑いのです。

『風通しがいいので涼しい』は、日傘に関しては間違っています。

このページの先頭へ