完全遮光日傘・完全遮光グッズ専門店のサンバリア100。紫外線100%カットの日傘・男性用日傘、UV100%カットの帽子・パーカー等を販売しています。

完全遮光日傘のサンバリア100

完全遮光日傘

 日傘サイズ比較

完全遮光グッズ

ご利用ガイド

営業日カレンダー

2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

ホーム > 日傘の上手な使い方 > 黒やシルバーの日傘は効果があるのか

日傘の上手な使い方

黒やシルバーの日傘は効果があるのか

黒い日傘は効果的?

一般的に、日傘・晴雨兼用傘といえば黒色が一番の売れ行きです。
いつから黒色の日傘が主流になったのでしょうか。

それは紫外線が注目されだしたとき、テレビで『紫外線をカットするのは黒い日傘のほうがいい』という特集を流したからで、それが今の黒い日傘の流れになったのです。黒い日傘は確かに紫外線をカット(吸収)しますが、100%ではありません。イメージで『黒の日傘は紫外線を100%カットする』と誤解されている方は結構多いのですが、『黒は他の色に比べて紫外線を通さない(吸収する)』 というだけのことです。『同じ種類の日傘でたくさん色があるなら黒が一番紫外線をカットするよ。』という程度なんです。

黒の日傘の特徴として、紫外線ばかりでなく、可視光線も赤外線も吸収してしまうという点も見逃せません。黒い服は夏は暑いですし、冬は暖かいですよね。これは赤外線を吸収して熱に変わるからです。夏に黒い日傘は熱くなるのです。これは比べてみるとわかりますが、結構な差があります。

また、紫外線を吸収するという事は傘生地を色褪せさせているという事と同じ意味でもあります。他の色にくらべて傘生地が色焼けするのはその為です。特に綿、麻などの天然素材は色焼けも激しく、目立ちます。よく、日傘に日焼けの線がついているのを見かけますが、たいてい濃い色の傘です。

シルバーの日傘は反射するから良いの?

シルバーの日傘は太陽光線を反射しますので涼しく、差している人にとっては良いかもしれません。紫外線対策には吸収と反射の二通りあると「紫外線対策まめ知識コーナー」に書きましたが、まさにシルバーの色は反射効果を利用しています。確か20年以上前に東レさんが初めて作ったと記憶しています。

シルバー日傘の方が黒い日傘より涼しいだけでなく、紫外線カット率もシルバーの方が概ね高いと思います。それは、色よりも傘生地の繊維の隙間の方に関係があります。シルバーの方が太陽光線を通す隙間が小さいため、カット率が高いのです。
カット率が高く、良さそうに思えますが、当店としては「シルバー」が太陽光線を反射し過ぎて傍から見たらまぶしくて迷惑だという点から、あまりおすすめはできません。

このページの先頭へ