戻る

戻る

2018.1.1 | サンバリア100の完全遮光

色や柄に関係なく100%カット

 

白もストライプもピンクも全て、太陽光線100%カット。

 

2007年6月26日にサンバリア100が日本テレビ『ドリームビジョン』で紹介されました。
その番組の内容は、見えない紫外線を特殊なスーパーカメラで映し、日傘の中の紫外線強度を見るというもの。

日傘の選び方で、市販の白い日傘、黒い日傘等を測定しましたが、『サンバリア100』が圧倒的な紫外線遮蔽を示しました。
カメラで見るとその効果は明白でした。

下の写真がそのカメラでみたものです。

サンバリア100の日傘では、紫外線遮蔽に色は関係ありません。

 

一般的に『黒い日傘が最も紫外線をカットする』というイメージが先行し、多くの方に信じられているようですが、サンバリア100の日傘は、色に関係なく全色遮光率100%です。

 

その秘密は生地の3層構造で、完全に日光を遮断するから。

傘生地に紫外線吸収剤や紫外線反射剤を後処理で施している訳ではないので、
白でも黒でも、ストライプでもピンクでもどの色の日傘でも遮光性能は同じです。

 

その構造上、雨に当たっても、手で摩擦を加えても遮光性能は落ちません。

(※防水加工だと、摩擦などで防水性が落ちていきます)

 

また、仮に色が薄くなってきても遮光性能は変わらず、極端に言えば、生地が破れない限り、遮光性能は100%のままです。

 

夏の暑い日に暑苦しい黒の日傘を使う必要がなくなりました。

明るい色で夏をお楽しみ下さい。

最新記事