戻る

戻る

2018.1.1 | サンバリア100の完全遮光

8:サンバリア100の日傘は修理・保証も万全

 

アフターケアは万全です。

製品のアフターケアには万全を期しており、お買い上げ日から6ヶ月間の故障について、無償保証期間を設けております(送料も無料です)。
※傘生地の汚れや破れは無料保証の対象となりませんので、予めご了承ください。

また、6ヶ月を超えた後も、有償となりますが修理を承っております。
詳しくはこちらの修理・保証のご案内をご確認ください。

 

 

 

<サンバリア100の日傘ができるまで>

日傘をどうやって作っているか、その工程をちょっとご紹介します。

 

1.裁断
まず型を使って、傘生地を三角形に、上下互い違いに裁断します。1mで傘の8駒を裁断できるのですが、これが傘1本分になります。普通の雨傘制作では4枚程重ねて裁断しますが、サンバリアでは1枚を裁断します。傘の1駒は三角形に見えますが、微妙に膨らんだ三角形になっています。これが傘の深さに影響します。傘を綺麗に作るにはいい型が必要です。

 

2.中縫い

裁断した傘の駒を縫い合わせます。縫ったところが伸び縮みしなければ傘が開きませんので、カン縫いという縫い合わせの方法で、1本の糸で縫うわけです。そのため特別なミシンを使用します。

 

3.穴かがり

カバーの頂点になる骨の棒が入るところを糸でかがります。そして骨の先に露先というものをつけていきます。下段の画像は骨とカバーの間に入れる天紙と呼ばれるものです。中央の穴に骨の中棒を通すわけです。特殊な道具で打ち抜きます。

 

4.中綴じ(なかとじ)

縫い合わせた傘生地(カバーといっています)を傘の骨に縫いつけていきます。これを中綴じといいます。普通は1本の骨に2カ所止めます。

 

5.手元付け

最後に手元を付けます。
がたつきを調整するのに糸を巻くなどして、骨と手元を強力なボンドで付けて完成です!

最新記事