戻る

戻る

2018.1.1 | サンバリア100の完全遮光

6:サンバリア100はしなやかで強い

 

長く使える、丈夫で軽い傘を追求しています。

 

日傘は春から秋まで、人によっては年中、お天気の日は毎日でも使うもの。
なるべく軽く、そしてその使用頻度に耐えられるだけの堅牢さが求められます。
そして、強風の日でも使えるしなやかさを兼ね備えた傘が、理想の日傘の条件だと考えます。

という訳で、サンバリア100は理想の日傘を追求し、研究開発に取り組んでいます。

 

 

 

<風洞実験レポート>

 

サンバリア100の日傘のしなやかな丈夫さを実証する為、大阪府立大学工業高等専門学校様のご協力により、風洞実験をさせていただきました。一番上の画像がその装置です。右の箱から左に向けて風を起こし、四角の廊下のようなところに風が噴出されます。

最大で風速14mまでの風を起こすことが出来る装置で、画像はいずれも風速13mの時のものです。骨が大きくしなりますが正面からの風では折れませんでした。一番下の画像は傘の内側に風をあてています。普通の傘では裏返ってしまいますが、中棒がしなるだけで、サンバリアの傘生地は伸びないので裏返りませんでした。

様々な傘の角度で実験をした結果、2本は折れてしまいましたが、それは横の角度からの突風。今回テストした環境は台風並みの風ですが、そのような強風でも特に正面からの風には強い事が証明されました。皆さん実際に傘を差している時にされるように、風上に傘の正面を向ければ十分な強度を発揮してくれます。

 


ちなみに、傘の強度とは、ただ単に丈夫な素材を使ってもだめで、しなやかさが重要です。具体的にはカーボン素材に頼ることなく、傘全体で受け止めるしなやかな構造が必要です。この実験結果も参考に、今後もよりよい骨と傘生地のバランスを探ります。

 

最新記事