戻る

戻る

2018.1.1 | サンバリア100の完全遮光

3:サンバリア100はまぶしくない

 

可視光線を通さず、反射を抑えるから眩しくない。

前項でも書いた通り、サンバリア100の日傘は可視光線も100%カットしますが、
眩しさを感じる要素としては、地面や周りからの反射光の方が圧倒的に大きい割合を占めます。
これが傘の内側に当たって二次反射し、顔に当たるとより眩しく感じますので、それを極力抑える必要があります。

という事で、サンバリア100の日傘は全種類、傘の内側の色を黒に統一。

傘の内側に当たる反射光を吸収し、二次反射を防ぐので、まぶしくなく目に非常にやさしい日傘です。

 

ちなみに、最近は可視光線でアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。サンバリア100は可視光線も100%カットする上、下や横からの反射も抑えるので、やはり太陽光アレルギーの方におすすめなんですが、下や横からの反射を100%防ぐのは難しいので、併せて長袖・手袋・サングラス、日焼け止めクリームは併用してくださいね。

 

 

紫外線遮蔽率測定

 

サンバリアの傘生地は太陽光を100%通しませんが、
では生地表面の反射はどうかというのを測定したのが、下の反射率測定結果です。

 

白生地の表面、裏面(黒色)と黒生地の表面、裏面(黒色)の反射率を測定しました。
グラフ横軸が波長(nm)、縦軸が反射率(%)です。
この値が大きいほど光は反射します。逆にいえば低いほど光を吸収します。
波長は280nmの紫外線領域から2600nmの近赤外線領域までを
波長ごとに反射率を測定しました。

 

このグラフで特に注目いただきたいのは、
サンバリアの裏面の黒ポリウレタンフィルムコーティングが
紫外線、可視光線、赤外線全ての領域において
4.3~5.4%の反射率に留まっているということ。

 

逆に言えば紫外線、可視光線、赤外線を約95%吸収しているということです。
傘の内側に入る、散乱光も地面からの反射光も傘の裏側で吸収しています。
黒のポリウレタンフィルムのなせる業です。

 

今回の結果と分光光度計による透過率測定結果から、
サンバリアの傘は色に関係なく、表(上)からの太陽光を100%カットし、
傘裏面では約95%散乱光、反射光を吸収するということがご理解頂けると思います。

 

最新記事