戻る

戻る

2018.1.1 | サンバリア100の完全遮光

7:サンバリア100は1級遮光日傘とこんなに違う

 

1級遮光日傘とは生地の構造が違います。

 

最近は1級遮光生地を使用した日傘が多く売り出されてきました。傘内側が黒で、コーティング加工であればサンバリア100と同じと思われる方もいらっしゃいます。
下の写真は、1級遮光日傘の表側からLEDのライトを当て、透け具合をチェックしているところです。
こちらの日傘は「遮光率99.99%、紫外線遮蔽率99.9%以上」と表示されておりました。

 

内側が黒コーティングですのでサンバリア100とよく似ていますが、
表側からLEDのライトをあてると完全に光が透けているのが分かります。
遮光率99.99%の1級遮光日傘ではこれだけ光が透けてしまう訳です。

 

完全遮光を実現している違いは、生地の構造にあります。
サンバリア100は『フィルムラミネート加工』、つまりフィルムを貼る加工であり、
1級遮光は『コーティング加工』、塗る加工。
塗るという事は、塗りムラが必ず出ますし、乾燥途中で表面に穴も空きます。

下の傘内側の黒面と、傘生地の断面の拡大画像をご覧いただければ、違いが分かります。

 

 

傘内側の黒面の拡大画像を見ると、サンバリア100のフィルム面は一切穴が開いておりませんが、右の1級遮光は穴が見受けられます。当然ここから光が洩れる訳です。
断面の画像を比較しても、サンバリア100の断面は均一なフィルム面がきれいに生地の上に接着されているのがわかりますが、1級遮光ではフィルムではなく塗っていますので、塗りムラがでていますし、薄いです。

 

内側の黒コーティングが同じように見えても、拡大画像で見ると似て非なるものというのがわかります。

 

サンバリア100の完全遮光の仕組み、ご理解いただけましたでしょうか。
もしこれは本当に完全遮光かな?と思われたら、LEDのライトを生地表から当てて光が透けるかご確認ください。完全遮光なら光は透けませんので、簡単に見分けがつきます。

紫外線カットのお話、こちらにもございます。
よろしければ参考にしてください。→ 紫外線カット率99%と100%の違い

※ちなみに、傘業界では『1級遮光』と呼んでいますが、インテリアファブリック協会では『遮光1級』と呼んでいます。ファブリック協会(カーテン業界)の方が命名は先で、傘業界が追随しました。

最新記事